脳動脈瘤という病気

脳動脈瘤

先日のテレビで、みんなの家庭の医学を拝見しました。
とくに気になったのは「脳動脈瘤」についての番組内容でした。

まだまだ若いので、脳動脈瘤という病気になっている方を身近に見たことはありませんが、脳動脈瘤を発症しやすい原因の一つに高血圧が挙げられていました。
そのため、とても気になってしまい、テレビに釘付けでした。

なぜ気になったかというと、私の主人は同い年の24歳ですが、毎年体重の増減が激しく、現在はかなり太め。
そのため、普通の人に比べると少し血圧も高めです。
そのため、脳動脈という病気も年を重ねた方ばかりというイメージではありますが、どれだけ若くても主人のような体型の人だと若いうちから発症してしまうのではと思ったからでした。

高血圧を防ぐ内容についても触れられていましたが、やはり神の手をもつ名医の手術映像が素晴らしく、つい見入ってしまいました。
脳動脈瘤を治すにはただ単に血管にできたコブを潰したらいいのでは?
とすごく単純にしか考えていませんでしたが、破裂して出血してしまうと死に至るということも知り、とても怖くなりました。

現在はフローダイバーター治療という、コブがある血管部分にコイルでできた管を詰めていくことでコブにいく血液をストップさせ、だんだんとコブが無くなっていくという治療法があるということを知りました。
番組内で手術を受けていた方は視力に症状が出ていたので、すぐに発見できていましたが、他の場所であれば気付きにくい病気なのではと思ったので、今後主人にも定期的に人間ドックなどに行って検査をするようにすすめてみたいと思います。

また、それと共に血圧を下げると紹介されていたブドウジュースなども食卓に積極的に取り入れていきたいと思います。

コメントを残す